骨格診断で似合う服がわかる!ウェーブタイプの特徴とベストコーデ

骨格ウェーブタイプに似合う服装

こんにちは!イメージコンサルタントの武道れいこです!

本日は、骨格ウェーブタイプについてご紹介していきたいと思いますが、
まず、皆さんは自分の骨格タイプをご存知でしょうか?

診断未経験という方は骨格診断の簡易セルフチェックをご覧いただき、自分がどんな骨格タイプなのかを把握しましょう。

→骨格診断の簡易セルフチェックはこちら

あくまでセルフチェックなので、正確な骨格タイプを知りたい方はお近くのサロンで診断してくださいね(^^)
横浜周辺でサロンをお探しの方は当サロンでもご予約を承っておりますので是非ご検討ください。

診断に興味の有る方はお問い合わせください。

そもそも骨格診断って何よヽ(´▽`)/
という骨格診断初心者の方は骨格診断の基礎知識の記事から読んでみてください。
「自分に似合う服がわからない」「ベストなコーディネートがわからない」という皆様には、骨格診断のメソッドが参考になると思います。

→骨格診断の基礎知識はこちら

前置きが長くなりましたが、こちらの記事では、骨格ウェーブの特徴と着こなしポイントをご紹介していきます!

なぜ、骨格タイプにあった服を着る必要があるのかは↓こちらの画像をご確認ください。

ウェーブタイプに似合わない服装着用例 ウェーブタイプに似合う服装着用例

左のコーデは上半身がやや間のびした印象に見えます。
一方で、右のコーデは重心が上がり足が長くすっきりしましたね。

コーデはどちらも悪くないのですが、このように違和感が現れるのは、おもに身体の骨格の違いによるものです。
「なんかうまく着こなせない」「野暮ったく見える」といった違和感は、多くの場合、自分の骨格と合わない服を着ることで生じます。

つまり、ベストなコーディネートは骨格タイプにあった服を着ることが重要なのです!

ちなみに左のコーデがしっくりこない原因は、おでことデコルテをあけて、更に低い位置に柄を入れたことで、ウェーブの苦手とする部分を強調してしまったためです。

骨格タイプを理解することがオシャレにとって重要な要素であるということをご理解いただきつつ、骨格ウェーブの特徴やベストなコーデとは何かをご説明していきたいと思います。

かなり長文なので、お時間が有るときにゆっくり読んでいただくことをオススメします。
気になるところだけまずは読んでおきたいという方は、↓こちらの目次からジャンプしてください。

骨格ウェーブタイプの体の特徴

骨格ウェーブは筋肉のハリ感が少なく華奢でなだらかなカーヴィーボディが特徴的です。

3つの骨格タイプの中で、最も脂肪がつきやすいため、体のラインは女性らしいなだらかな曲線を描きます。

うす手で繊細な素材を纏うことで、ウェーブの特徴である女性らしいソフトな質感を拾いつつ、さらに空気をふくむボリューム感のあるソフトなアイテムをあわせ、素材のやわらかさをプラスするのが、骨格診断的にはウェーブタイプのベストコーデ。

全身のバランスはどちらかというと下重心なので、上半身にアクセントを持っていくコーディネートがポイントになります。

有名人では北川景子さん、泉里香さん、桐谷美玲さん、戸田恵梨香さん、堀北真希さん、佐々木希さん、中条あやみさんなどがウェーブタイプです。
※実際に診断したわけではないので、誤りがある場合がございます。

ウェーブの芸能人は、どこかエレガントさを感じる方が多いですよね。

佐々木希-骨格ウェーブタイプの女優

骨格ウェーブタイプに似合うファッション

ウェーブタイプが得意なコーディネート

華やかでシルエットがやわらかなコーディネートが得意
華奢な体が寂しく見えないように、装飾あるアイテムを取り入れるのがウェーブのポイント。
やわらかな肌にマッチする、うすくソフトな素材で、女性らしい体のラインを強調するスタイルを演出しましょう。
上半身にボリュームがなく、下半身が重くなりがちなウェーブは、上半身にアクセントを持ってくるとバランスが良くキレイなシルエットになります。

 

View this post on Instagram

 

ᴴᴬᴺᴬさん(@hana_iroha)がシェアした投稿

【トップス】
肌にピッタリと合うサイズや、ふんわりとしたシルエットで、女性らしいラインを作ると◎。
上半身が寂しくならないように「レース」「フリル」など装飾がついたアイテムでボリュームをつけると華やかに仕上がります。
「盛り袖(ボリューム袖)」もお得意です。
一方でかっちりしたシャツやハードな質感のアイテムはウェーブの特徴である肌のやわらかさを殺してしまうので、ベストなアイテムではありません。

【ボトムス】
下半身が軽やかに見えるフレアスカートがウェーブタイプの王道アイテムです。
スカートの丈はひざ下丈~ミモレ丈が足が短く見えずスタイル良く見えます。
細い太ももの方が多いので、ミニスカートもとっても似合います。
ハイウエストのアイテムだと更に重心を上げる効果があるのでベストです。
ロングスカートは逆に重心を下げてしまうので合わせるのが難しいです。

【小物】
光沢感のある素材やふんわりとやわらかな素材が得意なので、シフォンのスカーフや、キルティングのバッグ、エナメルの靴など華やかなアイテムをあわせるとウェーブらしさが演出できます。

ウェーブタイプが得意なパンツコーディネート

下半身が重くならないスッキリシルエットがオシャレの鍵

ウェーブの特徴のやわらかなラインをしっかりひろって、細身で少しタイトなパンツを合わせるとぐっと女性らしさを引き立てます。
軽やかで重心が下がりすぎない足首ちょい見せがベスト。
素材はうす手を選ぶと◎。

 

View this post on Instagram

 

✩⋆aco⋆✩さん(@happy_acoaco)がシェアした投稿

【トップス】
鎖骨のラインが美しいウェーブはネックラインを横に幅広く開けたアイテムが似合います。
上半身にアクセントをつけるために襟やリボン、袖に装飾があるトップスを選ぶと良いでしょう。
ふんわりとしたシルエットはもちろん似合いますが、トップスをボトムインすることで、ウエストラインを強調するコーデもおすすめです。

【ボトムス】
裾が先細りしたデザインや足首が見える丈のボトムスは、足元を軽やかに見せる効果があります。
細身のストラップなどで足首を強調するデザインの入った靴を合わせると足元の軽やかさがアップします。

【小物】
サイズは小さめ、ポイントでキラリと光る装飾などを取り入れるとより一層ウェーブにマッチします。
※参考のコーデはカゴ編みのバッグなので、ナチュラルのベストアイテムですが、網目が細かくキレイめ軽やかなデザインであればウェーブタイプでもOKアイテムです。

ウェーブタイプが得意なパーティーコーディネート

装飾を増やして華やかな印象に
ウェーブタイプは装飾の多いデザインが得意なのでパーティースタイルも華やかに装飾を活かしてコーディネートしましょう。
スカートはひざ下丈で、シルエットは体のラインにフィットするデザインか、Aラインのフレアが似合います。

 

View this post on Instagram

 

dress_bouquet_10さん(@dress_bouquet_10)がシェアした投稿

【ドレス】
小さめの柄や飾りが散りばめられた華やかなデザインが得意。
シルエットは上半身フィット&下半身フレアで、スカートはひざ下丈がベストです。
華やかなレース素材や、うす手で光沢感のある生地で、装飾にはキラリと光るラメを合わせましょう。
女性らしいふわりとしたキレイなシルエットがよく似合います。

【小物】
小さめで細身のアクセサリーがとっても似合います。
小ぶりでゆれるイヤリングやピアスにするとお顔周りをより華やかに演出します。

バッグは小さめサイズがベター。
キラキラしたビジューの装飾やキルティング素材などの装飾的なアイテムも◎。

骨格ウェーブタイプに似合う素材

やわらかなウェーブタイプの肌になじむ素材は、うす手で、ソフトな優しい素材です。
獣毛のふんわりした素材や、フィット感のあるストレッチの効いた素材が似合います。
革やデニムなどの優しさとかけ離れたハードな素材は苦手なので、取り入れる場合はサブのアイテムに使用すると良いでしょう。

ウェーブタイプに似合う素材(コットン)
コットン(綿)
やわらかい質感の生地。「シアーサッカー」「別珍(べっちん)」などが似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(モヘア)
モヘア
やわらかい質感の生地。「モヘアニット」「シャギー」などが似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(アンゴラ)
アンゴラ(兎の毛)
アンゴラニットなどの毛足が長くふんわりした質感が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(シルク)
シルク
やわらかくうす手で透け感がある生地。シルク「っぽい」くらいがちょうど良い。
ウェーブタイプに似合う素材(ナイロン)
ナイロン
ペラペラでうすいナイロンが似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(レーヨン)
レーヨン
ソフトでうすく、フェミニンな生地が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(シフォン)
シフォン
やわらくライトで華やかな生地が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(ベロア)
ベロア
毛羽のやわらかさと、滑らかな光沢が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(サテン)
サテン
ドレープのような、やわらかな触感とソフトな光沢感が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(ファンシーツイード)
ファンシーツイード
カラフルで装飾的な生地。甘くフェミニンな印象のデザインが◎。
ウェーブタイプに似合う素材(コーデュロイ)
コーデュロイ
畝が細くうす手でやわらかな生地や、ストレッチが効いた生地が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(スエード)
スエード
しっとりとしたやわらなか質感が似合います。僅かな毛羽立ちがある生地も◎。
ウェーブタイプに似合う素材(ハラコ)
ハラコ
アニマル柄のふんわりとした生地質感が似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(エナメル)
エナメル
グロッシーな光沢感がフェミニンな印象でウェーブにマッチします。
ウェーブタイプに似合う素材(キルティング)
キルティング
2枚の布の間に綿を入れステッチをかけた生地でそのやわらかさが似合います。
ウェーブタイプに似合う素材(パイソン)
パイソン
意外とやわらかくストレッチの効いた素材なのでウェーブに似合います。

ウェーブタイプに苦手な素材
「麻」「デニム」「革」「ブリティッシュツイード」などが苦手。
柔らかい印象とかけ離れたラフでハードな素材は合わせにくい傾向があります。

骨格ウェーブタイプに似合う柄

ウェーブタイプに似合う柄は、細かく小さめなの柄です。
また、色のコントラスト弱いものが似合います。
3つの骨格タイプ中で一番アニマル柄が得意なのもウェーブタイプの特徴。
ハードになりすぎない柄をベーシックな色合いでまとめると、甘くなりすぎずアダルトな印象に仕上がります。

ウェーブタイプに似合う柄(ドット柄)
ドット柄
柄の小さいデザインが似合います。ドットが大きいデザインはウェーブは苦手です。
ウェーブタイプに似合う柄(小花柄)
花柄
色のコントラストが弱い小花柄が似合います。印象はソフト目なデザインが◎。
ウェーブタイプに似合う柄(ボタニカル柄)
ボタニカル柄
小柄で色のコントラストが弱く印象がソフトなデザインが似合います。
ウェーブタイプに似合う柄(プッチ柄)
プッチ柄
なだらかな曲線を描くプッチはウェーブが得意とする柄のひとつです。
ウェーブタイプに似合う柄(ペイズリー柄)
ペイズリー柄
柄は細かく、コントラストが弱いデザインが◎。
ウェーブタイプに似合う柄(レオパード柄)
レオパード柄
色のコントラストが弱く、大きすぎない柄を選ぶのがポイント。
ウェーブタイプに似合う柄(ゼブラ柄)
ゼブラ柄
曲線のアニマル柄は良く似合います。
ウェーブタイプに似合う柄(ホルスタイン柄)
ホルスタイン柄
曲線の効いたラインがウェーブにマッチします。
ウェーブタイプに似合う柄(パイソン柄)
パイソン柄
色やフェイクが強い印象にならないよう気をつける。
ウェーブタイプに似合う柄(キャラクター柄)
キャラクタープリント柄
カジュアルで可愛いらしい印象でよく似合います。
ウェーブタイプに似合う柄(ストライプ柄)
ストライプ柄
柄とわからないくらい控えめなストライプが似合います。
ウェーブタイプに似合う柄(ボーダー柄)
ボーダー柄
縦の幅が細く、色のコントラストが弱いデザイン。
ウェーブタイプに似合う柄(ギンガムチェック柄)
ギンガムチェック柄
細かい柄は女性らしい印象で◎。
ウェーブタイプに似合う柄(千鳥格子柄)
千鳥格子柄
細かい柄が良く似合います。
ウェーブタイプに似合う柄(グレンチェック柄)
グレンチェック柄
柄を混ぜた細かい模様も似合います。
ウェーブタイプに似合う柄(タータンチェック柄)
タータンチェック柄
細かいタイプで、大柄でないデザイン。

ウェーブタイプに苦手な柄
「迷彩」はフェミニンさが足りないため苦手です。
大柄、太幅は主張が強すぎ、ウェーブの柔らかさを損ねてしまう場合があるのでお気をつけください。

骨格ウェーブタイプに似合うTシャツ

いろんなコーディネートで大活躍の定番アイテム

うす手のピッタリしたサイズで、袖や襟にデザインがあるTシャツがベストアイテムです。
また、ネックが深く開いているカットソーは華奢なラインが露わになり貧相な印象になってしまう場合もあるので注意が必要です。
細身の上半身をふんわりと華やかに見せるバルーン袖も似合います。
上半身にボリュームが出すぎないよう、ボトムスをタイトやコンパクトにしたりハイウェストタイプにしたりしましょう。

似合うTシャツ選びのポイント
【OK】 うす手でソフトな素材
【OK】 襟が縦に開きすぎないデザイン
【OK】 小さめでピタっと肌にあうサイズ
【NG】 質感がハードな素材
【NG】 ざっくりとしたラフな素材
【NG】 服に着られて見えるオーバーサイズ

骨格ウェーブタイプに似合うシャツ&ブラウス

ウェーブタイプはシャツよりもブラウスが得意

かっちりしたYシャツは、服に着られて見えてしまう場合があるので、合わせる場合は、とろみ素材(テロテロ、ツヤツヤした素材)を選んだり丸襟にするとマッチします。
他にもフリルカラーや襟ではなくリボンのボーカラー(ボータイカラー)は上品で女性らしいデザインなのでおすすめです。

もし開きの広いブラウスやオフショルダートップスを着る場合には、胸元が寂しく見えてしまわないように首周りの開きすぎにも気をつけ、巻き髪でボリュームだしたりネックレスつけたりして回避しましょう。

似合うシャツ&ブラウス選びのポイント
【OK】 うす手でやわらかいとろみ素材
【OK】 襟が縦に開きすぎないデザイン
【OK】 フリルなどの装飾性があるデザイン
【NG】 ハードな素材
【NG】 胸元が大きく開いたデザイン
【NG】 フォーマルすぎるデザイン

骨格ウェーブタイプに似合うニット

ボリューム感のある素材がウェーブの魅力を引き出します

ふんわりとした素材はウェーブが得意とする素材なので、着丈が長くなりすぎないように気をつけて、秋・冬のコーディネートにどんどん取り入れて行きましょう。
薄手のニットのトップスで多いハイネック、タートルネックはバストトップの低さが目立って間延びした印象になるので二連ネックレスやスカーフで緩和させましょう。

似合うニット選びのポイント
【OK】 襟の開きが浅いデザイン
【OK】 コンパクトな腰上丈サイズ
【OK】 ローゲージ過ぎない素材
【NG】 首元が長くみえるハイネックデザイン
【NG】 ざっくり感の強い素材
【NG】 長過ぎる着丈

骨格ウェーブタイプに似合うカジュアルトップス

レジャーなどで大活躍のカジュアルコーデのマストアイテム

スポーティーなパーカーや、カジュアルでオシャレなチュニックブラウスなど、ウェーブタイプに合うポイントをおさえつつカジュアルに着こなしましょう。
上半身の重ね着が得意なので、コンパクトなボレロやカーディガンを羽織ったスタイルも似合います。

似合うトップス選びのポイント
【OK】 ソフトな素材
【OK】 華やかで装飾があるデザイン
【OK】 コンパクトなサイズ感
【NG】 シンプルで地味な印象のデザイン
【NG】 首元が味気ないデザイン
【NG】 大きくゆったりしたサイズ

骨格ウェーブタイプに似合うジャケット

品よく仕上がるフォーマルコーデの定番

ノーカラージャケットのような胸元の開きは浅めで、短い丈のジャケットが良く似合います。
ディティールに丸みを帯びたタイプだと更にマッチします。
ツイードの上品なテイストはよくマッチします。

似合うジャケット選びのポイント
【OK】 ツヤ感のある華やかな素材
【OK】 丸みがあり、V開きが浅いデザイン
【OK】 コンパクトな短めの丈
【NG】 フォーマルすぎる地味なデザイン
【NG】 腰より長い丈
【NG】 ダボッとした大きいサイズ

骨格ウェーブタイプに似合うパンツ

クールなスタイルを演出するパンツスタイル

上手に着こなすポイントは、下半身が太って見えないアイテム選びがカギです。
シルエットはタイト、できれば足首ちょい見せがスタイルアップのコツ。
ハイウエストパンツは重心を上にずらす効果があるので脚長効果が期待できます。

似合うパンツ選びのポイント
【OK】 フィット感のあるうす手の素材
【OK】 足先がすっきりみえるタイトなシルエット
【OK】 華やかなデザイン
【NG】 重くみえる厚手の素材
【NG】 ラフな素材やデザイン
【NG】 着太りして見える大きめのサイズ

骨格ウェーブタイプに似合うスカート

ウェーブが得意なふんわりシルエットの女性らしいアイテム

ポイントはトップスの軽やかさやウェストの位置、そしてスカートのデザインです。
ふんわり広がるスカートの腰元はリボンの装飾でしっかりハイウェストでウェストマーク。
ロングタイプは下半身が重くなる場合があるので、足首を少し見せてバランスをとりましょう。

似合うスカート選びのポイント
【OK】 やわらかくうす手の素材
【OK】 腰からふんわりと広がるシルエット
【OK】 ひざがちょうど隠れる丈か、ミニ丈。
【NG】 重く見える厚手の丈
【NG】 ラフなデザイン
【NG】 ひざ上丈、ミモレ丈、最も苦手なマキシ丈

骨格ウェーブタイプに似合うワンピース

さっと着るだけ簡単スタイリングのお手軽オシャレアイテム

Aラインのシルエットは女性らしく可愛らしいシルエットに仕上がります。
ミニスカートが唯一ベストマッチなタイプ。
コンパクトなフレンチスリーブもお似合いです。
メリハリのないストンと落ちるラインをウェーブが合わせると間延びした印象かつ足が短く見えるので、Iラインの場合は短めのネックレスで重心をあげたり絞りがあって体にフィットするデザインを選びましょう。

似合うワンピース選びのポイント
【OK】 Aラインのシルエット
【OK】 飾りやタックが入ったデザイン
【OK】 ウエスト位置が高いデザイン
【NG】 メリハリのないIライン
【NG】 ウエスト位置がわからないOラインシルエット
【NG】 地味に見えるデザイン

ウェーブタイプにオススメのワンピースを紹介しております

骨格ウェーブタイプに似合うアウター

寒い季節には欠かせないアイテム

コートはAラインのシルエットでふんわりと広がりのあるデザインを選びましょう。
チェスターコートですっきり縦ラインを出すよりは、ノーカラーやフード、ファーの装飾あるものがお似合いです。
ボリュームに負けがちなダウンコートはフィット感があり腰丈程度のコンパクトなサイズかつ凹凸の部分の間隔が短い(細かい)ダウンを選ぶとマッチします。

似合うアウター選びのポイント
【OK】 Aラインのシルエット
【OK】 短めの丈でコンパクトなサイズ
【OK】 首周りにボリュームがあるデザイン
【NG】 ウエストの絞りがないストンと落ちるライン
【NG】 長く大きいシルエット

骨格ウェーブタイプに似合うドレス

華やかなデザインが得意なウェーブタイプにベストアイテム

ドレスも合わせるアクセサリー類も光沢のある飾りがたくさんついているデザインが良く似合います。
シルエットは高めのウェストマークから広がるAラインがベターです。
短めのネックレスやハーフアップで華やか、かつ重心をあげましょう!

似合うドレス選びのポイント
【OK】 華やかで光沢感のある素材
【OK】 ハイウエストなデザイン
【NG】 ボディラインを拾わないシルエット
【NG】 ひざ上丈、ミモレ丈、最も苦手なマキシ丈

ウェーブタイプにオススメのドレスを紹介しております

骨格ウェーブタイプに似合うアクセサリー

きらびやかで華やかな印象を意識して

ダイヤ、パールともに控えめに輝く小さめの粒が馴染みやすいです。
ネックレスは首の細さによりますが、細めのチェーンなら長さはプリンセス(40~43cm)が似合います。

似合うアクセサリー選びのポイント
【OK】 アメジストやラピスラズリなどの「半貴石」
【OK】 真珠の大きさは8mm以下
【OK】 繊細で華やかなデザイン
【NG】 軽やかさのない大ぶりなアイテム
【NG】 長過ぎるチェーン

骨格ウェーブタイプに似合う帽子

イメージは女優のような華やかな装い

重心を上半身に持ってくることができる帽子は、ウェーブタイプにとってベストアイテム。
帽子のつばは広めで、リボンなどの小ぶりの装飾でアクセントをつけたデザインが◎。
女性らしい丸みを帯びたフォルムの場合はフェルトやアンゴラなどやわらかな素材が似合います。

似合う帽子選びのポイント
【OK】 やわらかい素材
【OK】 しなやかで華やかなデザイン
【NG】 ざっくりしたラフな質感の素材
【NG】 角のある直線的なフォルム

ウェーブタイプにオススメの帽子を紹介しております


骨格ウェーブタイプに似合う小物

いつものコーデに+1してオシャレを演出

【メガネ/サングラス】
スマートに演出したいなら細めのフレームが◎。
柄の入ったフレームも似合います。
大きいレンズなら小顔効果もプラスできます。

【時計】
フェイスは小さめがベター。
ベルトは細めで、キラリと光る金属製かチェーンタイプがマッチします。

【スカーフ/スヌード】
寂しくなりがちな首周りにはボリュームのあるファーのスヌードを合わせてみましょう。
ファーマフラーも可愛くてオススメです。
華やかに演出したい場合はスカーフを。

似合う小物選びのポイント
【OK】 細めで華奢なデザイン
【NG】 スカーフはハリ感やラフ感がある素材

骨格ウェーブタイプに似合うバッグ

高級感のある素材で直線的なデザインで自立できるタイプがベスト

【ファークラッチ】
ボリューム感のあるファー素材はコンパクトなクラッチバッグがオススメ。

【片手バッグ】
得意なアニマル柄を使うと華やかでゴージャスな印象に。

【ボストンバッグ】
丸いフォルムで小さめのサイズが◎。

似合うバッグ選びのポイント
【OK】 小さめサイズ
【OK】 丸みのあるデザイン
【NG】 硬めの素材

骨格ウェーブタイプに似合う靴

テーマは女性らしく可愛らしい

【ロングブーツ】
重心を上に上げる効果があるのでウェーブにはよく似合います。
スエードなどの起毛感ある素材を選びましょう。

【パンプス】
ツヤ感が華やかなエナメル素材はウェーブの女性らしい印象にマッチします。
リボンのあしらいを取り入れるとフェミニンに仕上がります。

【サンダル】
足首の細さに視線を集める華奢なベルトがついたデザインが似合います。

【スニーカー】
ごつくないコンパクトなサイズが◎。
パンツと合わせるならロールアップで足首を見せるとスタイルアップします。

【ブーティー】
華奢な足首をしっかり見せるブーティもオススメ。
冬ならファー付きも可愛いです。

似合う靴選びのポイント
【OK】 飾りがあり華やかなデザイン
【OK】 ツヤ感のある素材
【NG】 ウェッジソール

まとめ

長文おつかれ様でした!
ウェーブタイプについての特徴とコーディネートのポイント、最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

ウェーブの方は骨格診断のセオリー通りに似合わせると「フリルやギャザーのついたデザイン」や「フレアスカート」など、可愛らしい印象に仕上がります。

よくご相談いただく声は「ラフでカジュアルなスタイルを着こなしたい」「かっこよくメンズライクにキメたい」というウェーブのセオリーにはない印象のスタイルのご要望です。

出来ないの?と心配に思っているウェーブのみなさま。。

安心してください!出来ます(๑•̀ㅂ•́)و✧

ラフでカッコよくなっちゃいましょう!

ウェーブの特徴的なやわらかい体のラインを意識して、素材やデザインでラフやカッコいいを演出するとこなれた感じのスタイリングになります。

骨格診断とはオシャレを制限するものではなく、理想の自分へ近づくことを分析・サポートするメソッドです。

すべてをそのまま取り入れる必要はないと考えています。

みなさんが「着たい服を着る」そのために少し骨格診断の要素を取り入れると、「なりたい自分」+「印象アップ」が叶いますよ(^^)

「ウェーブタイプ」の特徴とうまく付き合っていっていきましょう!

ぜひサロンで「なりたい自分」についてお聞かせください。叶えられるようサポート・アドバイスいたします。

診断に興味の有る方はお問い合わせください。

その他にもウェーブタイプにオススメのファッションやコーデを紹介しております。ウェーブタイプの記事一覧はこちら

関連記事

  1. ウェーブタイプに似合うワンピース

    骨格ウェーブタイプに似合うワンピース【2018年-晩夏-】

  2. ウェーブタイプに似合う帽子

    骨格ウェーブタイプに似合う帽子【2018年-春夏-】

  3. ウェーブタイプに似合うドレス

    骨格ウェーブタイプに似合うおすすめドレス【2018年】

  4. ウェーブタイプに似合う帽子

    骨格ウェーブタイプに似合う帽子【2018年-秋冬-】

  1. スプリングタイプに似合うリップ

    2018.12.13

    スプリングタイプ(イエベ春)におすすめリップでキュートな…

  2. サマータイプに似合うリップ

    2018.12.10

    サマータイプ(ブルベ夏)におすすめリップで清楚な印象に!…

  3. ウィンタータイプに似合うリップ

    2018.11.30

    ウィンタータイプ(ブルベ冬)におすすめリップで華麗な印象…

  4. 骨格タイプがわからない

    2018.11.29

    セルフ骨格診断ではわからない?プロ診断を受けるべき4つの…

  5. 骨格ウェーブタイプに似合う服装

    2018.11.29

    骨格診断で似合う服がわかる!ウェーブタイプの特徴とベスト…

  1. 骨格ストレートタイプに似合う服装

    2018.11.27

    骨格診断で似合う服がわかる!ストレートタイプの特徴とベス…

  2. ストレートタイプに似合う帽子

    2018.10.19

    骨格ストレートタイプに似合う帽子【2018年-秋冬-】

  3. ウェーブタイプに似合う帽子

    2018.10.18

    骨格ウェーブタイプに似合う帽子【2018年-秋冬-】

  4. ナチュラルタイプに似合う帽子

    2018.10.17

    骨格ナチュラルタイプに似合う帽子【2018年-秋冬-】

  5. ウェーブタイプに似合う帽子

    2018.08.06

    骨格ウェーブタイプに似合う帽子【2018年-春夏-】